全日本男子柔道チームドクター 紙谷武様

全日本男子柔道チームドクター 紙谷武様

昭和48年名古屋市生まれ。宮崎大学医学部卒業。慶應義塾大学大学院理工学部博士課程修了。平成20年から全日本柔道連盟医科学・強化委員を務める。北京・ロンドン・リオデジャネイロ・オリンピックにチームドクターとして帯同。柔道は小学校1年生から父親の手ほどきで始め、現在講道館柔道6段を持つ。中学3年生から高校2年生までは全日本強化選手でもあった。スポーツ医学を専門とし、特に柔道傷害の発生メカニズムと予防が研究テーマ。

現在は全日本男子柔道チームドクターとして、また整形外科の医長として活動。 
高齢者を対象とした、柔道の動きを利用した転倒・骨折予防体操「やわらちゃん体操」を提唱。転倒・骨折は介護の主要原因のひとつであり、これを予防することで健康寿命を目指す。 

柔道の技を生かした独自の体操を考案し、日本だけでなく、世界に向けて予防体操の重要性を訴えたい。高齢者はもとより、子供や中年成人にも広げていきたいと述べている。 

毎月第2土曜日の14時から柔道の総本山である講道館で「やわらちゃん体操」を行なっているとのこと。興味のある方は講道館クリニックへ。

MUSIC BIRD PRESENT STATION

More